芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
ソ・ドヨンDVD & Photo book「LAST DAY DREAM」発売記念ファンミーティング 開催!
2006年、最後の四季シリーズとして放送されたドラマ「春のワルツ」で主演を演じ、日本でも多くのファンを魅了したソ・ドヨンが4月29日(金)東京中野・なかのゼロホールにて「LAST DAY DREAM」DVD & Photo book発売記念ファンミーティングを開催した。

今回のイベントは現在韓国で放映中のドラマ「カシナムセ(いばらの鳥)」の撮影の合間をぬって、日本ファンとの約束を果たすために開催された。187センチの長身でブルーのカジュアルスーツ姿で爽やかに登場したソ・ドヨンは、「こんにちは、ソ・ドヨンです」と日本語で挨拶すると、会場のファンから一斉に大歓声と拍手が沸いた。「みなさんに会いたかった、うれしいです。ステキな思い出を作っていただきたいです」と話し、それに応えて会場のファンから横断幕やボードが振られて歓迎の思いを表した。

最初にファンサービスとしてフォトタイムのセッティングがあり、ステージのソ・ドヨンを自分のカメラに撮影できる貴重な機会とあって、わずか2分の撮影タイムにドヨンの姿を熱い思いでカメラに収めた。

続くトーク&映像コーナーでは「DVD本編ダイジェスト」「DVDメイキングダイジェスト」が公開された。長崎のハウステンボスで今年1月に撮影され、ファンも参加した撮影会。当日はかなり気温も低く寒かったことと、一番思い出されることはお嬢様を手助けする執事役だったので、実生活で自分の世話をしてくれる人が側にいたらいいなと思ったと、笑いながら答えた。ダイジェスト版でシャワーシーンとお嬢様の足を洗うシーンが流れるとファンから感嘆の声。このシーンでのエピソードでは、初シャワーシーンだったがそれほど時間をかけずに撮影ができたが、足を洗ってあげるシーンについては笑ってしまったり、NGをたくさんだしてしまったと語り、また結婚式シーンではファンも参加しての撮影だったので思い出に残る一番のシーンとなり、自分が本当に祝福されたような気分になったと話した。

メイキング版では結婚式でお嬢様をお姫さまだっこするシーンがあり、軽かったですよと言ったものの、初めてでとまどいもありNGも出してしまい、正直大変でしたと本音を笑いながら明かした。一番印象に残るシーンは、お嬢様の邸宅に向かって90度のお辞儀をするフルショットのシーンで、ラストシーンとして大変良く出来上がっていると感想を述べた。他にエピソードとして、ベンチにハンカチをかっこよくひくシーンでは風が強く上手にできなかったが参加したファンから「ケンチャナ」と声をかけてくれてうれしかったことやファンのひとりひとりの温かい優しい眼差しが忘れられませんとファンに対する感謝の気持ちも述べた。

他にはファンからの質問コーナーや「アガシになりたい」と題してDVD映像から4つのシーンを選ばれた4名のファンと演じた。その後小道具のプレゼントコーナーもあり、抽選で4名のファンに手渡された。選ばれたファン全員には握手とハグのプレゼントもあり、ファンからの熱い想いを受け止める繊細で大らかな人柄が垣間見えた。

イベント終了後には会場1000人余りのファンとの握手会が開催され、ひとりひとりに笑顔でアイコンタクトを取りながら応えている姿がファンに愛されている人柄であると感じた。

握手会終了後、再び舞台に登場したソ・ドヨンから最後の挨拶として東日本大震災の件について、心配する気持ちとこのような状況の中来日したのはファンとの約束を果たしたかったこと、そしてファンのみなさんが楽しく元気に過ごして欲しいことであるとことと語った。そして一緒に来日してくれたスタッフにも拍手を送ってほしいし、本当にこれからも映画・ドラマに熱い応援をお願いします。近い将来またみなさんに会いにきます、頑張ってくださいと心から熱い思いを語って、惜しまれながらイベントは終了した。

モデルから俳優へと転身し、ファン誰もが繊細で爽やかなところが好きと語るとおり、長身で大柄ではあるが本当に繊細で淡々としたイメージが優しさに溢れ、ファンを魅了している一つであると感じられた。今後も活躍する姿に期待をしたい。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:hitomi  投稿日:2011-05-08 08:24:06  [修正]  [削除]
ソ・ドヨンさんの誠実で優しい気持ちに打たれますね。
いつもの爽やかで温かい笑顔に元気を貰えました。
この状況下での来日に感謝!
今後の活躍を楽しみに・・・ファンは待っています。

投稿者:koko  投稿日:2011-05-06 16:20:36  [修正]  [削除]
日本がこのような状況の中、ファンとの約束を守りたかったと来日してくれたソ・ドヨン。同行したスタッフへの感謝の言葉に止まらぬ拍手・・。終始温かいファンミでした。ありがとう!!
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved