芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > スターインタビュー   
  
ミュージカル界のイケメン3人衆、イ・ヒョン&チョン・ドンファ&ペ・ドゥフン「『夢友』1周年コンサート、是非ご期待ください」
イ・ヒョン、チョン・ドンファ、ペ・ドゥフン。大学路のイケメン俳優3人が「夢トモ1周年記念コンサート」のために力を合わせる。

今月15日、ソウル鍾路区大学路のカフェで、ミュージカル俳優イ・ヒョン、チョン・ドンファ、ペ・ドゥフンとイノライフが会って話をきいた。ミュージカル『ビスティ・ボーイズ』を通して、既に一度共演を果たしている俳優3人は、終始、和気あいあいとした雰囲気で、三人の俳優から溢れ出す愉快なエネルギーに、彼らの公演に対する期待感は高まった。

イ・ヒョン、チョン・ドンファ、ペ・ドゥフンは、「夢友1周年記念コンサート」の舞台に立つことに対して、期待感を表わした。三人は「「『夢友』」の記念日に招待されたことは光栄で、胸が高鳴ります」とかたり、「夢友立ち上げの際、ペ・ドゥフンが参加、途中でチョン・ドンファが加わりました。そして1年の締めくくりであり、来年のための新たなスタートでイ・ヒョンと共演することになり、これもまた大きな意味があります」と明かした。
前述したように、三人は、ミュージカル『ビスティ・ボーイズ』を通して初共演を果たした。『ビスティ・ボーイズ』でイ・ヒョンはアレックス役を、チョン・ドンファはイ・ジェヒョン役を、ペ・ドゥフンはイ・スンウ役を務め、熱演を繰り広げた。特にチョン・ドンファは、『ビスティ・ボーイズ』に特別な意味があると話す。「昨年7月に上演された『ビスティ・ボーイズ』で、僕たちが初めて会いました。個人的には、除隊後初の復帰作だったのですが、男性だけ登場する作品のため、もっと良かったと思っています。男しかいなかったので気楽で、もっと早く適応することができたのだと思います。おかげで自然な演技も披露することができ、作品に集中しやすい環境でした。」

ミュージカル『ビスティ・ボーイズ』はハ・ジョンウ、ユン・ゲサンの共演で話題になった映画『ビスティ・ボーイズ』を原作に、清潭洞の有名ホストクラブ「ギャツビー」Mチームのプロたちの話を描いた作品である。5つの配役に対して15人の俳優たちが出演した。15人の俳優たちが集まって、創作初演作品を一緒に作ったため、格別な戦友愛(?)が生じたのだろう。三人もやはり、イ・ヒョンを親鳥、チョン・ドンファを虎、ペ・ドゥフンをビーバーに比喩して、親密感を感じさせてくれた。「イ・ヒョンは、一番年上で、親鳥が子鳥を慈しむように、すべて受け止めてくれます。情熱的で温かい心の持ち主です。チョン・ドンファは、虎のよう内面に凝縮されたエネルギーが凄まじく、表に放つオーラがあります。カリスマ性もすごくあります。ペ・ドゥフンは、ビーバーと純粋で可愛らしいルックスが似ている上に、一人で何かを黙々と作り続けるとでも言うのでしょうか。練習終盤には、非常に沢山蓄積されていて、驚かせてくれる俳優です。」
三人の親しげ(?)な姿に嫉妬を感じたのだろうか、お互いの欠点についても聞いてみたところ、3人とも、短所なのか長所なのか分からないような答えしか出てこない。イ・ヒョンは、チョン・ドンファについて、「エネルギーと存在感が圧倒的な俳優なので、一緒に演技をした際、気後れしたことがあります」と明かし、チョン・ドンファは、ペ・ドゥフンについて「ドゥフンが、基本的にはすごく気がよくて、清らかな人間なのに、時折、強い姿をアピールすることがある。そんな意外性に驚くこともありましたが、その意外性が、最終的には大きな力を発揮していたように思う」と明かし、ペ・ドゥフンは、イ・ヒョンについて「性格が優しくて、とても人が良い。そのため、他人をよく助け、本人は損をする時があるよう。」と明かした。

イ・ヒョン、チョン・ドンファ、ペ・ドゥフンの三人は、作品を選択するにあたり、「人」に重きを置くと明かした。好感のもてる役柄(舞台上の人間)に会ってこそ、その役柄に対してさらに深く感情移入することができ、一緒に作業する人が良くなければ、楽しく作業をし続けていけないと話す。最終的には、愛情を持って気の合う人と作っていけば、最終的には良い作品に仕上がるという意味ではないだろうか。三人の俳優が『ビスティ・ボーイズ』を含む、多くの韓国創作ミュージカルに出演したことからも、彼らのこのような経験から得た結論に説得力が増す。

最近、韓国の創作ミュージカルは、観客から大きな脚光を浴びている。韓国の観客はもちろん、観光コースに大学路を組み込み、韓国の創作ミュージカルを観覧する外国人観光客も増える傾向にある。このような観客の関心と愛情に力を得た公演制作会社は、創作劇制作環境が劣悪であるにもかかわらず、良質な作品が多く輩出されるよう尽力している。韓国ミュージカルが愛される理由について、三人は、「韓国創作ミュージカルは、人の心理を深く掘り下げていく魅力がある。ライセンス作品ももちろん感動を与えられますが、韓国創作ミュージカルは、観客が舞台の上の俳優に、さらに深く共感して心を打つのだと思います。」と語り、「もちろんまだ足りない部分も多いですが、作品が伝えるメッセージに集中すれば、さらに大きな感動を感じていただけると思います。」と口をそろえた。
イ・ヒョンは、グループ「5tion」のメンバーとして、またソロでも様々な活動を行った経験があり、日本では歌手としての顔がもっと有名だ。しかし実は、かなり多くの作品に出演したことのあるミュージカル俳優である。彼は「劇場の規模、興行成績などの環境的な条件は、重要ではなく、役柄に導かれます。外見は強く見えるのに内面には、多くの憐憫を抱えた、深みのある人物を演じてみたい。」と話し、「僕の演技を観てくださった観客の方たちが、「あの俳優は本物だ!」と言う、生きた演技ができる俳優になりたいです」と伝えた。イ・ヒョンは、現在、次期作を検討中である。「大劇場、小劇場、配役の比重に関係なく、僕の魅力を感じられる役柄があれば、いつでも始める準備ができています。少しだけお待ちいただければ、良い作品を通してお会いできると思います」
チョン・ドンファは、三人の内、唯一の既婚男性である。彼は「僕にとって一番はいつも家族」と明かし、「もちろん良い俳優になりたいと言う思いも大きいですが、良い一家の主になることが先決だと思っています。」と話した。続けて「結婚してから、仕事での達成感も高まりました。結婚後、どんなことをしていても、二人で一緒にしているような感覚があり、どんなに優れた一人の人間より、がんばっているちょっと足りない二人の人間に勝つことは難しいのではないかと思っており、常に心強いです。」と語った。その一方で、彼は「舞台の上で良い演技と音楽で観客の方々の応援に応えたいと思っています。より多くの方々の応援に恩返しするために、自ら限界を感じて、僕自身で諦めがつくまでは、ずっと演技したいと思っています。」と抱負を語った。チョン・ドンファは、現在大学路のテミョン文化工場スヒョンシアターで上演中の演劇『プライド』に出演中で、今年11月、大学路ユニフレックス1館で上演されるミュージカル『偉大なキャッツビー』への出演も控えている。彼は「上演に先立ち、今回の夢友1周年記念コンサートで、『偉大なキャッツビー』のナンバー1な曲を歌います」と再度、期待してくれるよう頼んだ。
ペ・ドゥフンは、海軍広報団に服務していた2013年、Mnet音楽オーディション番組『ボイス・オブ・コリア』に出演して、知名度を上げた。除隊後、2013年11月、『風月主』を通じて、初めてミュージカル舞台に上がり、その後、着実に作品活動を続けている。ペ・ドゥフンは「ミュージカルを初めて1年間は、自分自身について知ろうと努力しました。あの時期を通して、僕にはどんなことができて、何をお見せできるのかを知り、今では一緒にお仕事する人々を通して、新しいことを学んでいます。」と明かし、「今後は、僕が持っている長所を活用しながら、新しい面を見せられるような役を演じてみたいです。そして心温まる俳優になりたい。観客の方々が、僕の演技を見て、人間のぬくもりを感じてもらえたら良いなと思います。」と伝えた。ペ・ドゥフンは、10月、忠武アートホール小劇場ブルーで上演される「温かい」ミュージカル『明洞ロマンス』の公演を控えている。
三人の俳優は、「夢友1周年記念コンサート」に大きな愛情を持って舞台の準備に励んでいる。たった1日、2回の公演のために、25曲というものすごい量の歌を練習していると言う。チョン・ドンファは、「普段観ていた僕達の姿とは、全く違う新しい姿をご覧いただくことになると思います。演じたことのない役柄のアリアも準備したし、ミュージカルの舞台では見られなかった大衆音楽の楽しいステージも合わせて用意したので、僕も期待しています。」明かし、「観客の方々が、どう反応するのか想像しながら準備する時間が、本当に楽しい。」とかたった。イ・ヒョンとペ・ドゥフンは、「ダンスには自信があるドンファが提案してきて、僕たちは、新しい姿をお見せしたくて受け入れたのですが、非常に難しい。一番心配な部分です」とダンスの練習のために苦労していることを明かした。しかし、すぐに「観客が観ながら、音楽にノッていただけるよう、プロらしい姿を披露できるように準備します」と意欲を見せた。

一方、イ・ヒョン、チョン・ドンファ、ペ・ドゥフンら三人の俳優が繰り広げる「夢友1周年記念コンサート」は、11月7日、東京四谷区民ホールで開催される。チケットは夢友ホームページならびにチケットぴあで予約可能。


[夢友 1st Anniversary Concert]
公演名:夢友 1st Anniversary Concert
出演者:チョン・ドンファ、ぺ・ドゥフン、イ・ヒョン
公演日時:2015年 11月 7日(土)1日 2回公演
1回(昼): 14:00(開場 13:30)
2回(夜): 18:00(開場 17:30)
会場:四谷区民ホール (新宿区内藤町87番地)
チケット料金:2次先行販売 8,000円 
(9月1日(火)10時〜9月25日(金)17時まで)
チケット予約:夢友 - http://www.yumetomo.info/#!1st-ticket/c1oi5
チケットぴあ - http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1541059

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved