芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
   
  
  << 全国ツアーを終えたソン・シギョン、日本進出の夢 >>

すでに全国ツアーを終えて、しばらく充電期間中のソン・シギョン。活動していない彼を巡って、アルバムの準備だ…イヤ軍入隊準備中だ…と噂は多いが、innolifeの独占インタビューですっきり解決しよう!

ソン・シギョン:久しぶりの全国ツアーでした。ソウルではずっとコンサートをしていましたが、5集活動を整理する気持ちもあり、地方でもコンサートができてうれしいです。

質問:軍隊に行くという噂がありますが…
ソン・シギョン:軍隊はもう少し後で行きます。

質問:5集アルバムを詳しくご紹介ください。
ソン・シギョン:5集は初めてプロデュースしたアルバムで、タイトルは『道で』です。アルバムのタイトルは“THE BALLARDS”です。
 
   それなら自分があるのか?バラードの代名詞となれるアルバムか?大げさな意味があるのか?そういうことではなく、市場が多様化し、CDを買う時に最も重点を置く部分はどこか?バラードが聴きたいなら気に入るだろうと思いますが、僕がバラードを代弁することはできないと思います。またアルバムは16トラックで、ジャンルは色々です。トーンは似通っています。僕の声にそのような特色があります。うるさい歌を歌っても静かに、少し沈んだ曲を歌ってもやや温かく、どんな歌でもワントーンに整理されるようです。歌手生活7年目の僕が一人で一生けんめい作ったアルバムで、韓国では大人気です。日本でも良い反応があればうれしいです。

≪2000年10月にデビューし、いつの間にか7年が経った。2001年4月に1集を発売して以来、甘いバラード曲で多くのファンを保有し、その時から2集3集4集、そしてコンプレーション アルバム1枚、リメイクアルバム、そして今回の5集を発売したソン・シギョンである≫

質問:ソン・シギョンにとって、バラードとは何ですか?
ソン・シギョン:バラードは、そうですね…。意味を聞かれると長くなりそうです。最も魅力的なジャンルだと思います。魅力は全てのジャンルにありますが、バラードは物語だと思います。あらゆるジャンルにメッセージ性はありますが、ヒップホップ、ロックにもあるように。しかし物語をひも解く音楽としては、バラードが最高ではないでしょうか。空白がない音楽は雰囲気と感じと力で押せばいいのですが、スローで静かな歌ほど感情を表現することが多いのではないかと思います。そこが魅力です。例えば恋愛映画と大ヒット映画の違い、演劇では華やかなミュージカルと静かなモノローグの違いです。
 
  
  質問:5集タイトル曲『道で』は?
ソン・シギョン:『道で』は初めて日本の俳優奥田恵梨華と、日本オールロケでミュージックビデオ撮影をしました。韓国の男性作曲家の中で最も物書きのユン・ジョンシンさんと仕事をしましたが、内容は道でさ迷い、後悔する内容です。実は女性も後悔して恋しがっているというものです。

質問:日本活動を開始しましたが、どうですか?
ソン・シギョン:韓国では知られていますが、日本では新人の気持ちで臨んでいるので新鮮です。そして新人の気持ちでいると、ファンが増えるのが不思議です。『パンチ』というドラマを見て僕を知ることもできますが…(笑)。韓国では知らないうちに人気が出て不便なことが多く、平凡なことが懐かしいことが多いです。日本に行くと感じることなので、ずっと人気が出なければうれしいです(笑)。大それた望みはなく、アルバムを出しながら僕がJ-POPを知って好きになったように、日本の方も韓国音楽に接する機会が多くなればうれしいです。
 
   ≪韓流もあり、日流もあり、中流もあるが、韓流がどこから来たかではなく、アジア、世界文化が一つになっていくようだ。日本に行くたびに学ぶことが多い。先進文化の色や、魅力をよく感じる。日本人も韓国の深くにある文化が好きなのではないだろうか?頻繁に会えればうれしい≫

質問:日本進出計画は?
ソン・シギョン:いつも念頭にあります。30代でも音楽を続けていると思うで、初めから言葉を学び、新人歌手のように地方ラジオやツアーを回りながら、少しずつ日本歌手のようにしたいです。韓流も進むだけ進んで、ソン・シギョンは後れをとったようです(笑)。努力を怠らず、日本と韓国が互いに行き来する一つの市場になりそうなので、何よりも言葉をマスターすることが急がれる問題だと思います。

質問:昨年、日本でコンサートを行いましたが、また計画はありますか?
ソン・シギョン:機会があればいいのですが、名分が必要なようです。コンサートがしたくて、何か変わった枠が生じ、新しいアルバムが出て、そのようなことが口実になり、来てくれる方がいるなら明日にでも行いたいです。
 
    
 
 
 
    
 


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:choa  投稿日:2007-06-07 22:02:40  [修正]  [削除]
楽しい時に聞いても、悲しい時に聞いても、いつも心に染みる
穏やかな優しい歌声ですね。

日本でのコンサートは2回行きました。
これからも日本でコンサートを開いてくださることを
願ってやみません。
投稿者:nagisa  投稿日:2007-05-31 09:06:49  [修正]  [削除]
日本で言われる『韓流スター』歌手のような派手さはないけれど、一度彼の歌を聴いたらその心地よい歌声と、言葉を超えた胸に訴えかける『何か』を感じます。あなたも是非、感じてみてください。
投稿者:  投稿日:2007-05-29 22:07:39  [修正]  [削除]
昨年の暮れに「道で」を2回聞きすっかりシギョンさんの歌が好きに。なんだろう?この魅力は?言葉は解らないのに心の奥まで染み込んでくる暖かい心地良い風のような歌声に癒されてます。日本での活躍を!
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved