芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
   
  
  ソナクとのインタビュー 
2005年映画「夢精期2」(監督チョン・チョシン)で、イ・ジフンの友達であり素晴らしい助演で活躍した「ソナク」。

本名キム・ソナクから姓を取って「ソナク」で活躍している彼は、実際顔はよく知られていないが、2004年映画「大統領の理髪師」では屋根上要員として、2003年映画「オー!ブラザース」では刑事役を演じるなど、その他多くの映画でさまざまな演技活動を繰りひろげている。たとえ主人公ではなく助演ではあるが。

世の中には多くの俳優がいる。

一晩でスターになり一躍ビッグになってしまう俳優もいれば、見えないところでたゆまず努力を続け自分だけのスタイルを構築していく俳優もいる。俳優ソナク、彼は後者に該当する。

人が見れば華麗に見えるスポットライトを浴びてスクリーンに堂々と立つその日のために、今日も影で黙々と個性的なキャラクターを作っている俳優ソナクに会って来た。

[Q] 2005年映画「夢精期2」を撮影して今まで休息を取られていましたが、いかがお過ごしでしたか?

[A] 周囲の人と一緒に良い休息をとりました。次回作の映画も合間を見て準備しています、そうだ、映画俳優のキム・スロさんが団長、歌手のチャン・ウヒョクさんが副団長の「スシロ」というサッカーチームの一員として、運動も趣味生活も楽しみました。(参考までに「スシロ」サッカーチームは、チョ・インソン、ヒョンビン、パク・コニョン、チョ・ハンソン等が加入している芸能人週末サッカーチームである。)
 
   [Q]「夢精期2」で演じたキム・ドンスというキャラクターはどのような人物で、実施の性格と似ているところはありますか?

[A]ドラマでカン・ボング(イ・ジフン役)の体育学科の大学の同期で出ます。女子高生タレントのペク・セミを好きな少し幼い大学生です。本来だったら僕がボングに恋愛をコーチする約でしたが、キャラクターの変更がありました。僕の実際の性格は…うーん、その時その時で違うというか?映画の中と似ているところもありますが、状況によって変わるようです。

[Q] 映画「夢精期2」は「性」という簡単ではない素材を扱いましたが、演じている時のエピソードやエッチなエピソードはありませんでしたか?

[A] 特別「性」という素材のせいで、そのようなエピソードはなかったようです。プールのシーンを撮る時に野外で雨が降ってきたことがありました。その時とても寒くて震えたことと、最後のフィナーレのタンゴを踊るシーンで、とても広い講堂で多くの観衆の間で失敗して転びNGが出たことがありました…その時は本当に恥ずかしくて。


[Q] ドラマで教育実習生ガン・ボング役を演じたイ・ジフンを評価すると?

[A] ジフンは僕より若いのですが、しっかりした感じを受ける気楽な友達です。それに同僚愛も豊かで、多くの愛を受けました。

[Q]「夢精期2」に登場する4人の女性キャラクターのうち、理想に近いキャラクターはいますか?

[A] 4人の女性キャラクターのうち必ず選ばなければならないとしたら、うーん…、僕はヘビンです。周囲の友達を配慮する気がきく子なのでいいです。実際の僕の理想は、清楚な性格を持っていながら活発で愛嬌がある女性。それが僕の理想です。

[Q] 演技生活をするようになったきっかけは?

[A] 演技生活は高校生の時に大学進学をソウル芸術専門演劇学科に志望し、足を踏み入れることになりました。95学番の同期達と大学路で一緒に演劇もし、その後国立唱劇団、ドンスンアートセンター劇団等で絶えず演技生活はしてきましたが、今は自分の仕事のようです。
 
  
  [Q] 個人的に演技生活をしながら一番記憶に残る場面があるとしたら?

[A] 僕は特に殴られるシーン、または特殊な扮装シーンが一番記憶にあります。苦労しただけ記憶も長く残りますよね?映画「大統領の理髪師」では、ソン・ガンホ先輩に即席で出た発想で「練炭」で殴られたことがあり、チェ・ミンス先輩と出演した映画「清風明月」では、ドッコの役で全身に石膏像の特殊扮装をしました。

とても汗っかきの上、全身を立った形で石膏像になったのでフー…とても大変でしたね。あ、映画「ロストメモリーズ」では、日本人の役で日本語のセリフも言いました。これくらいかな、記憶に残っているのは。

[Q] 特別好んでみる映画のジャンルはありますか?

[A] 区別してみるスタイルではありませんが、少しミステリーが混ざったジャンルを好むほうです。多くの好評を得た「マトリックス」も好きです。「トータルリコール」、「蝶効果」等が印象深く見た映画です。恐怖映画では、日本のホラーはいい感じですね。「リング」はよく覚えています。状況が変わりながら流れるその恐怖感。ストーリーの構成がよくできている映画を好むほうです。
 
   [Q] 国内外ひっくるめて尊敬する俳優は?

[A] 国外ではキアヌ・リーブスを尊敬します。国内ではソル・ギョング先輩です。映画「力道山」での吸引力は本当に素晴らしかったです。「オアシス」での演技もそうです。ソン・ガンホ先輩も尊敬する先輩俳優の一人です。

[Q] 次回作はどのような演技をしたいですか?是非演じてみたい役柄は?

[A] 次回作は今準備している最中ですが、僕は一度悪役を演じてみたいです。少し違いますが映画「ハッカ砂糖」での純粋から極度な状況まで陥るそのような変化に富んでいるソル・ギョング先輩の役も演じてみたいです。ミステリーホラー物、メロドラマ…そうすると、全てのジャンルを演じてみたいということになりますか?

[Q] 最後に映画俳優としての覚悟と豊富がありますか?

[A] 自ら成長することができる俳優になりたいです。一生懸命頑張ります。
 
    
 
 
 
    
 


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved