芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
   
  
  クラジクワイ インタビュー
“クラジクワイ・プロジェクト(CLAZZIQUAI PROJECT)を知っていますか?”最近、人気がある問いかけである。DJクラジクワイ((作曲、ミキサー、プロデューサー)、Alex(ボーカル)、Horan(ボーカル)で構成されたクラジクワイ・プロジェクト (以下クラジクワイ)は、各種CFとOST、人気終映したドラマ『私の名前はキム・サムスン』に、彼らの音楽が挿入されて注目を浴びた。
 
   Classic(=cla)、Jazz(=zzi)and Groove(=quai)という新しい音楽ジャンルで、彼らはいち早くマニアに人気を集めた。

2004年5月に、エレクトロニカ音楽の新しいジャンルを開拓した1集「Instant Pig」に続いて、2005年9月には、クラジクワイ独特のファンキーでグルーブ性の濃い2集「Color Your Soul」を携えて彼らは帰ってきた。この2集はシンプルだが、豊かなサウンドを帯びており、聞いてみると感性を刺激する哀愁が感じられる。

一方、10月29日にイノライフとのインタビューに臨んだクラジクワイは、2集単独「COLOR YOUR SOUL」コンサートを終え、「良かった」とその日のコンサートの雰囲気を実感させた。

クラジクワイは、「1集に続いて少し期間を置いて開かれたコンサートにもかかわらず、多くの人が来て楽しんでくれてとても良かった」と、コンサートの感想を明かした。公演会場には国内のファンをはじめ、国外のファンも目についたが、国外ファンから人気を実感するかという質問に、「現在、日本と台湾では音盤が発売され、公演は日本でだけした。

まだ肌で感じられる人気はよく分からない」と説明した。
 
  
  1集からこの2集に至るまで、アルバムに収録された1曲1曲が、多くの愛を受けたクラジクワイ。彼らにおいては、それほどタイトル曲の選定は難しい悩みであるだろう。この2集「Color your soul」のタイトル曲には、流麗なメロディーとボーカルの声が調和した「Fill this night」が選ばれた。

一方「メンバー各自のカラーは何色だと思うか」という質問に、アレックスは「オーシャンブルー」を、ホランは「ダークレッド」、そしてDJクラジクワイは「ブラック」を選んだ。やはりメンバーの個性に合わせて、各自のカラーを帯びているクラジクワイなのだと思わせる。

すでに11月になり、もう少しでクリスマスがやってくる。クラジクワイが欲しいクリスマスプレゼントはなんだろう? DJクラジクワイは「持続的な関心と愛だけで十分だ」と語り、一番年上らしい答えを返した。 Horanは「9泊10日くらいのタイ旅行に行きたい」と語った。暫しの休息は、彼をさらにすばらしくしてくれそうだ。
 
   続いてAlexは「一時のトレンドとして、忘れ去られない、たゆまず長く愛されるクラジクワイになること」と語った。さらに、「電気製品」と答えて周囲の笑いを誘った。

クラブ音楽と関係が深いエレクトロニカとは、ジャンルにクラシック、ジャズ、グルーブ等の様々な音楽的要素をほどよく加味し、現在まで韓国で接するのが難しかった洗練されて独特な音楽を披露する彼ら。クラジクワイの音楽はここに止まらずに、もう少し深いブラックミュージックソールの感じまで伝える。

10月29,30日の両日間に渡るコンサートを終えた彼らは、2集の活動をはじめ、来月には千葉で開かれる「K-POP ALL STAR IN JAPAN 2005 K ジェネレーション スペシャル コンサート」に参席する予定である。

〔2集単独コンサート会場からクラジクワイ・プロジェクト〕
写真―ミン・ウンギョン記者、インタビュー:キム・キョンエ記者
 
    
 
 
 
    
 


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:co  投稿日:2007-12-06 15:25:35  [修正]  [削除]
貴重なインタビューありがとうございます。後半のHoranのタイ旅行のくだりで「暫しの休息は、彼をさらに〜」とありますが、「彼女を」の間違いですよね。またインタビューの機会があると嬉しいです。
投稿者:R32  投稿日:2006-01-05 13:15:37  [修正]  [削除]
Clazzi記事を載せてくれてありがとうございます。
情報が少なくて悲しかったぁ〜。
 アレックスの歌声サイコー^^次の作品も楽しみで〜す♪
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved