芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
   
  
  「第2の00はいや!」自分自身、テグンとして認められたい
『コールミ~コールミ~』イノライフの専門リポーターチョンウォンさんがテグンのデビュー曲『コールミー(call me)』のリフレインを真似すると、テグンは突然笑い出した。顔まで赤くなって「わ~戸惑いました! 一言言ってから歌ってくださればいいのに..予想もしなかったのに私の歌を突然歌ってくださるので、あまりにも戸惑いました~すみません! もう一度やります! すみません」舞台でカリスマを誇ったテグンが本当か…というほど純粋な青年テグンの失敗はかわいいばかりに見えた。日差しが眩しい春を目前にしてイノライフは3月のある日、韓国の新人有望株テグンに会った!

2009年1月にデビューし、1月で熱い関心を一身に浴びた新人有望株。事実彼のデビューは2~3ヶ月を越えたばかりだが、準備期間だけで4年というものすごい時間を送った。「他の歌手のかたがたに比べて長かったと言うことができます。この頃はとても幼い年で練習生になり、またそれだけに長い間練習生の時代を経ましたからね」とニッコリ笑って見せるテグンだが、練習生時代に経験したであろう気苦労は決して少なくなかっただろうと思われる。すらりとした背にすらりとした体は生まれつきのように見えるが、不断の努力の産物であるという彼は「全体的に15Kg減量し
 
   ました。普通の体格でしたが、オーディションなどを転々として痩せろということを何度も言われて、1日にヘルスを4時間ずつしながら意思を固めました。その当時には挫折もしたし、放棄したい思いもしましたが、そのような時間が私の熱情を燃やす原動力となったようです」

最高になるよりは‘最善’を尽くしたい!
新人テグンのことを話すといくつか共に取り上げられることがある。まず‘ピ(Rain)+セブン’というそっくりのイメージ。デビュー以後ずっと彼の記事に登場している‘第2の00’という修飾語は、彼を知らせるのに多くの助けとなったりもしたが、結局は彼が越えるべき障壁となってしまった。「いつもあこがれてきたソロ歌手の先輩たちでした。私にはあまりにもありがたい修飾語です。そのかたがたが既にトップに立っておられたかたがたではないですか。もっと努力しろという激励の次元であると思ってそのかたがたにむしろ迷惑にならないよう、一生懸命にしないとね」

そして、彼のミュージックビデオにも出演し、親しい友達として紹介される東方神起の‘ヨンウン・ジェジュン’のために不本意ながら非難(?)の対象となったりもした。「ありがたいことに、ヨンウン・ジェジュンさんが出演をしてくださいました。ジェジュンさんとは忠南コンジュの故郷の出身の友達です。電話をして‘SOS’を要請したら、喜んで助けてくれました。とてもありがたかったです。たくさん助けてくれただけに、お返しをするためにも一生懸命にやらないといけないでしょう?」
 
  
  ロールモデルが誰かと尋ねると、多くの人たちの名前をずらずらと言う。それだけ欲張りだという意味か? 尊敬する歌手を尋ねると、すぐに「シム・シン」であると言う。シム・シンは90年代の一時代を風靡したすらりとした背の美男歌手だった。当代最高の人気を博した歌手シム・シンは‘拳銃踊り’をヒットさせ少女ファンたちととりこにしたが…「意外だと思われたようですね(笑い)~幼稚園のときだったようですが…幼い私の目にも実に素敵に見えました! そのときから漠然とした私の夢が始まったのではないですか?(笑い)私も私だけのパフォーマンスで多くの人たちの拍手と歓呼を受けたいです。まずは国内ファンたちにお見せしますが、長期的には海外ファンたちにも韓国のパフォーマンスで認められるのが私の目標です」

日本に進出したいです、いつか
テグンは異例的に海外からのラブコールが多い。まだデビューして数ヶ月にもならないのに、タイ&バンコクの活動とファンミーティングも終えた状態。「はじめまして~テグンです。よろしくお願いします」かなりいけるイントネーションで日本語の挨拶をするテグン。そのようなテグンにとって日本はどうか?「海外進出のために語学の授業も共に並行しています。呼んでくださったとき、そのかたがたに少しでも良い姿をお見せすることができるようにです。日本もいつか準備できたら
 
   是非!行ってみたいです。会う日まで日本語の練習もたくさんしておきます」

週末には普通の青年のように、ゲームもしながら時間を送りますが、デビュー以後には練習生時代よりもっと多くの練習量のために自分の時間というものは夢を見ることもできない。アイドルグループ歌手たちが大勢のこの頃、ソロ歌手として寂しいようだが、彼にはそれさえも贅沢なように見える。「練習生時代と違う点ですか? 別にありませんが…。うーん…。それは練習生時代にしていたように練習を全く同じにしながら時間を送りますが、以前と変わった点があるなら、放送活動をするということでしょう(笑い)」彼の笑い声から寂しさが秘められて見えるのはなぜか? いつも努力するテグン。今や‘第2の00’と呼ばれるのではなく、男性ソロ歌手志望生に‘第2のテグン’というタイトルをあげることができるように、さらに遠く、高く跳躍することを願う。

「イノライフの視聴者の皆さん、多くの関心と叱責をお願いしま〜す。最高よりは最善を尽くすテグンとなります」と述べる彼の姿が実にりりしい。
 
    
 
 
 
    
 


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:usagi  投稿日:2009-12-10 17:08:07  [修正]  [削除]
韓国の歌手は、皆さん歌も踊りも上手ですよね。
テグンさんの「call me」大好きな曲です。
ハングルがわからなくても、そのまま聞いていて十分のれます !!
  
投稿者:ユキ  投稿日:2009-06-05 01:34:48  [修正]  [削除]
 続き・・・・日本でも見たことがありません。

めったに男の人を誉めない私が言う事ですから、みんなそう思ってると、思います。

本当にすてきでカッコよくて、王子さまみたいです。
投稿者:yuki  投稿日:2009-06-05 01:34:23  [修正]  [削除]
こんな素敵な男は見たことがありません。   ジャニーズの下手なダンスやブサイクな顔に辟易していただけに、

こんなにダンスも歌も顔もいい王子様みたいな男の人は
投稿者:ヨン  投稿日:2009-04-21 16:51:33  [修正]  [削除]
デビューするまでにすごくいろんな努力をしてるんですね〜日本でも是非活動してください。楽しみにしてま〜す!
投稿者:ももんが  投稿日:2009-04-12 23:36:25  [修正]  [削除]
テグンかっこいいです。笑うととてもかわいいし〜〜。
イノライフさんでのインタビューありがとうございました!!
他では見られないテグンの全てがイノライフさんで色々と見れて嬉しい!!
サイン欲しい〜〜
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved