芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
   
  
      
   
   Block B 単独インタビュー僕たちは自由奔放で、ありのままの姿を見せるのが魅力!
9月19日Zepp Tokyoを皮切りに初ショーケースを成功裡に終えたBlock B、あらゆる可能性を秘めたBlock Bが20日都内のスタジオでイノライフのインタビューに答えてくれた。

Block BはチームリーダーのZICO(ジコ)がアマチュア時代に韓国を代表するHIPHOPのミュージシャンであるチョPDに送ったデモテープをきっかけに、チョPDらプロデューサー陣らが、2年余りの時間をかけて準備してきた新人グループだ。日本に住んでいたこともあるリーダーのZICO、ラップ担当のパク・キョン、サブボーカルのジェヒョ、ボーカル&ダンサーのユグォン、ダンサーのピボム、メインボーカルのテイル、ラッパーでマンネ(末っ子)のPO(ピオ)で構成されている7人組。

こんにちは、Block-Bで ダンス担当ビボムです。
Block-Bで暴風カリスマラップ担当末っ子ピオです。
Block-Bメインボーカルのテイルです。
Block-Bで、サブボーカルで長兄のジェヒョです。
Block-Bでピンポン担当バクキョンです。
Block-Bでリーダーとproducingを担当しているジコです。
Block-Bでスマイルを担当ユグォンです。

個性豊かなBlock-Bの7人。セールスポイントをアピールしながらの自己紹介からインタビューはスタートした。

Q:ほかのグループにはないBlockBの魅力は?

ジコ:日本のアイドルたちは、本当に可愛くて、やさしいと言われてますが、僕たち韓国のアイドルたちは、自由奔放で、ありのままの姿を見せるのが魅力みたいです。自由奔放であっても、実力が劣ることはなく、実力あって、舞台の上では、自由奔放で楽な姿を見せるので、二つの魅力があるんじゃないかなと思います
ビボム:僕たちの年頃を一番表現することができるのは 自由奔放さが何よりです。

Q:HIPHOPの魅力はどんなところだと思いますか?

ピオ:ヒップホップの音楽をうまく表現できるし、自由奔放さとかぼくたちによく似合う音楽がブラックミュージックです。それでうまく表現することができるんです。 それが魅力みたいです。

Q:今、興味をもっていること、または趣味は何?

ピオ:僕は、趣味はショッピング。
日本はファッションでは、有名だっていうのを聞いて、今回の来日でたくさん見て感じて帰ります。
パクキョン:卓球、最近は、バレーボール。 
ジェヒョ:野球。
ジコ:僕は、音楽が好きです。
テイル:帽子好きです。

 
   
  
   
   
   Q:日本人にはない、韓国人としてアピールできる部分があるとしたら?

ジコ:日本の人は、随分安定的で落ち着いているから、仕事が早く進まない感じが少しするんですけど、そうだとしても仕事が早く進まないとも言えないんですが、韓国の人は気が短い傾向なのか、全てが素早く進みます。笑日本の人は、ゆっくりゆったりとやりますよね。韓国の人は、さっさとやります。それが、韓国の人ならではの魅力ではないかと思います。

Q:日本のファンについてはどう思いますか?中高生やそして男子もいますね

ピオ:韓国のファンの方は、声を上げたり熱狂的ではないんですけど、日本に来てみたら歓呼も、韓国よりずっと大きくて、すごく喜んで下さるのがうれしいです。それが、私たちにとって力になります。パクキョン:おどろきました。正直に、韓国のファンの方は、ほとんど、中学生、高校生、20代の女性です。しかし、日本はそうではなく年齢層も主婦の方から子供たちまでさまざまで男女問わずに、愛して下さって驚きました。

Q:今後の韓国、日本での活動予定は?

パクキョン:これからの活動ですね。11月と12月にタイとシンガポールでショーケースがあって、アルバムも準備しているので、たくさんの期待をして下さるとありがたいです。

Q:innolifeファンの皆さんへメッセージをお願いします

Block-Bでスマイル担当ユグォンです。
Block-Bでリーダーとproducing担当ジコです。
Block-Bでフェンシング担当パクキョンです。
Block-Bでサブボーカルと長兄のジェヒョです。
Block-B末っ子ピオです。
Block-Bメインボーカル担当テイルです。
Block-Bでダンス担当ビバムです。
日本のファンの皆様、私たちBlock-B、もっと、愛して下さいね。もっと素敵な姿を見せるBlock-Bになれるようにします。
期待してくださいね。すぐ皆さんと会えるようにします。
愛してる〜!

ステージの上ではダンスと歌のパフォーマンスでファンを魅了、そんな7人のちょっぴり悪ガキぶりで個性豊かな顔を見せてくれたインタビューとなった。実力派グループでもあり、一人一人の才能を生かしたBlock-Bの今後の日本での活躍が期待される。

 
    
 
 
 
    
 


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved