芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
“負担よりは恩返しを”…「PRODUCE X 101」X1、操作騒動超えてデビュー
グループX1が、「PRODUCE X 101」の操作騒動の中でデビューした。高尺(コチョク)ドームでのショーコンは全席ソールドアウト、レコード販売量1位など、好成績と、騒動の中でデビュー強行に対する批判世論が混在する状況で、X1の歩みは果たして成功的であるだろうか。

27日、ソウル・九老区(クログ)の高尺スカイドームでグループX1のデビューアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」の記者懇談会が開催された。

この日X1リーダーハン・スンウは「ただアルバム準備にだけ没頭をした。ショーケースをよく終えるために一生懸命に練習だけしてきた」とし、てデビュー前の近況を明らかにした。

人気を実感するのかという質問にソン・ヒョンジュンは「大いなる関心と愛を受けるとは思わなかった。熱い関心を今になって実感する」と話したし、チョ・スンヨンは「練習をたくさんしていて人気を実感できなかった。リハーサルステージをしながら気分がとても良かった。 ときめく」と、話した。

今回のアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」と関連、キム・ウソクは「飛翔は僕たちが飛んで行く意味を、「QUANTUM LEAP」は私たちの大きな跳躍を含んでいる」と、説明した。

「PRODUCE X 101」投票操作騒動の捜査が終わっていない状況でデビューを押し切るという一部の指摘に対しても口を開いた。ハン・スンウは「僕らが練習にまい進していて状況に接することができなかった。今、X1をたくさん愛するファンたちのためにならば今日をはじめとして良い姿をお見せしなければなければならないと考える。恩返しをしたい心が大きい」と、話した。

引き続きハン・スンウは「負担よりは恩返しをしなければなければならないと考える。今回のアルバムも熱心に準備したのは僕らを愛してくださったから。その部分を忘れるように洗いながしたい」と、明らかにした。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved