芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > K-POPレポート    
  スーパージュニア「スーパーショー(The 1st ASIA TOUR-Super Show)」コンサート  

デビュー3年目に初アジアツアー「スーパーショー(The 1st ASIA TOUR-Super Show)」を開催中のグループスーパージュニアが、公演に臨む姿勢と趣旨を明らかにした。スーパージュニアは、22日から24日まで3日間、ソウルオリンピック公園フェンシング競技場で、スーパージュニア The 1st ASIA TOUR「Super Show」のコンサートを開催した。

24日午後2時30分ソウルオリンピック公園フェンシング競技場で開かれた記者会見で、スーパージュニアは、2日間公演をしながら感じた点に対して「ファンの涙を見て、胸がいっぱいになった。公演をどうしてするのか、今、わかるようだ」と感動的な感想を明らかにした。スーパージュニアの「The 1st ASIA Tour-Super Show」は、1月前売りオープンと同時にサーバーダウンし、わずか18分で完売を記録、スーパージュニアの人気を実感させた。

スーパージュニアは「今までメンバーが主にバラエティー番組で目立ったようだが、これからは音楽的な面をお見せしたい」と抱負を語り「観客との親密度を強調した“公演会場全体が舞台”というコンセプトのおかげで、観客と交換できる」と述べた。また「一番努力を注いだ部分はライブ舞台。計30余曲の中で6曲を除いた曲を、ライブで消化した。ライブの実力をつけるために、一晩中練習に沒頭した」と明らかにした。また「東方神起のメンバーが『見せるための公演ではなく、自ら楽しむ公演をしなさい』とアドバイスしてくれたことが役立った」と付け加えた。

スーパージュニアは今度のソウル公演を皮切りに、北京、上海、バンコク、台北、クアラルムプールなどアジア9ヶ都市で計10回にわたってコンサートを開催する予定だ。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved