HOME > トラベル > トラベルニュース
ソウル歴史博物館新年にも充実したプログラムがいっぱい
去年‘大陸の夢、高句麗展’など有益な展示と多様な夜間文化プログラムで好評を博したソウル歴史博物館が新年にも盛りだくさんのプログラムを用意している。

ソウル歴史博物館は9日“寄贈遺物特別展”“出土服飾名品展”など2006年一年の間開催される展示及び体験、教育プログラムと運営計画を発表した。今年予定されている展示会は“寄贈遺物特別展”4月〜5月に開催される企画展“出土服飾名品展”など8つの展示会。また“都市歴史博物館の遺物収集と管理(仮題)”という主題で第5回国際シンポジウムも開かれる。

市民が直接参加してソウルの歴史と文化を体験するプログラムも多彩だ。毎週火曜日夕方7時〜9時には“パパといっしょの展示体験”が運営され、水曜日には“映画鑑賞会”、木曜日には“学芸師とのギャラリートーク”が進行される予定だ。

博物館体験教室“と“音楽が流れる博物館の夜”“節日の特別行事”も開かれる。これ以外にも博物館大学、子供歴史探険教室、青少年博物館教室、博物館体験教室など特色ある体験実技プログラムも続けて公開される。

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved