HOME > トラベル > トラベルニュース
ミュージカル『地下鉄1号線』3千回目前
劇団ハクチョンのミュージカル『地下鉄1号線』が、今月29日に3千回を迎える。

1994年5月に初演された『地下鉄1号線』は、ドイツのグリプス劇団の同名ミュージカルを、キム・ミンギ氏が翻案、演出し、延辺少女の眼を通じて職を失った家長と家出少女、露天商など、私たちの社会の断面を表現する作品である。

劇団側は今月28日から3日間、3千回記念公演を開くことを明らかにし、歴代の出演陣145人のうち約90人が3回に分かれて出演すると記者会見で明らかにした。
『地下鉄1号線』の原作者ポルカ・ルードビッヒさんも来韓して記念講演を観覧、記念式に参加する予定である。

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved