HOME > トラベル > トラベルニュース
ホワイトディーのための「モーツアルト協奏曲演奏会」
世宗文化会館がモーツアルト誕生250周年を記念して、昨年始めた「モーツアルト協奏曲全曲演奏プロジェクト」を今年も開催する。会館は今月14日にホワイトディーを迎え、甘美なピアノ協奏曲とフルートの協奏曲、そして管弦楽のための協奏交響曲の特別演奏会を開催する。

14日の演奏会は、愛らしい弦楽4重奏ディベルティメント第2番D長調、若いモーツアルトの軽快さが感じられるピアノ協奏曲第6番B♭長調、交響的に堂々感があふれるピアノ協奏曲第22番E♭長調、華麗で技巧に富んだフルート協奏曲第2番D長調、パリ風の優雅で豊かな響きでいっぱいのオーボエ、クラリネット、バスン、ホルンのための協奏交響曲で構成されている。
金峰(キム・ボン)暻園大音楽大学長が指揮を取り、イ・ジュヨプ(ピアノ)、ホ・ジャギョン(ピアノ)、キム・ヒョンゴン(クラリネット)、イ・サンドン(バスン)、キム・ハギョン(オーボエ)、キム・ジョンギ(ホルン)などが共演する。昨年は全7回のモーツアルト演奏会を通じて、合わせて22曲のモーツアルト協奏曲が演奏されたが、今年は8回の公演が予定されている。
12月最後の公演は2台のピアノのための協奏曲、3台のピアノのための協奏曲、そしてレクイエムで締めくくられる。

〔プログラム〕
3月14日(火)/4月4日(火)/5月9日(火)//6月13日(火)/9月29日(火)/10月10日(火)/11月14日(火)/12月12日(火)、午後7時30分

場所:世宗文化会館 小劇場(12月12日 大劇場)

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved