HOME > トラベル > トラベルニュース
桜吹雪が舞う 春麻谷(チュンマゴク)
推薦時期:4月中旬
位置:忠清南道 公州市 寺谷面(サゴクミョン) 雲巌里(ウンアムリ)

まばゆい春の日、白い煤煙と黄砂から逃れて、冬の間すくんでいた体と心を伸ばして頭を休めたいなら、春麻谷に舞う桜吹雪を思い浮かべてみよう。

高くも低くもない泰華山(テファサン)の山並みを全て松の木が覆っており、氷のように透明な泰華川の上に桜がひとひらふたひら舞い落ち、そよ吹く麻谷寺で、山寺の風が演奏する風景の音にそっと目を閉じると、心が薄情な人にもおのずと懐かしい人の顔が思い浮かぶ。
それだけで物足りないなら、季節ごとに特色のあるプログラムが運営されているテンプルスティに参加してみるのもよい。

公山城、武寧王陵など、百済の遺跡も回ってみなければ物足りない場所。さぁ!新しい草の服にに白い雲のベールを纏って、目の前にやってくる彼女に会いに春麻谷に行ってみよう!〔資料提供:韓国観光公社〕

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved