HOME > トラベル > トラベルニュース
江陵(カンルン)国際端午文化ベルトを造成
ユネスコ世界無形遺産の傑作に指定されている江陵端午祭りと、近隣の文化資源を連携した「団地」概念の端午文化ベルトが造成される。

江原道は今日、江陵烏竹軒(オジュクホン)から船橋荘(ソンギョジャン)を経て、鏡浦台(キョンポデ)を連携した端午伝承タウンと歴史文化、生態保存地域を作り、世界的な水準のテーマ観光都市を造成する計画であることを明らかにした。

国際端午文化ベルトは、今年から2015年までに、国費と民資など約4,600万ウォンを投入して110万坪の敷地に造成する計画である。

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved