HOME > トラベル > トラベルニュース
「BUDi2006」4色特別展を確定
2006釜山デジタルコンテンツユニバーシアード(以下BUDi2006)が、世界各国の異色の作品を集めた4種類のテーマの特別展を確定発表した。24日から26日までの3日間、本選競争部門以外に「海外映画祭受賞作コレクション」、「ポルトガル短編特別展」、「ブラジル学生監督映画特別展」、「クラシックアニメーション」をプログラムし、招請部門で4種類の特別展を用意したもの。この特別展は、スイス、ポルトガル、ブラジルなど、あまり接することができない国の若い監督の異色作品で構成され、映画とデジタルコンテンツに関心のある人々の視線を虜にすると思われる。

一方BUDi2006 は映画祭の期間中、世界的なゲームインターフェイスデザイナーのケビン・マクギニスを招請し、「ゲームインターフェイスシステム制作過程と実行」というテーマでセミナーを開催し、「Crocodile Journals」で有名なヨリナ監督招請ワークショップ「ストップモーションアニメーション覗き」を開催する。

また慶星大第2美術館では、国際アニメーション展示会を24日から3日間開き、東西洋のアニメーションを比較・体験できる場を用意する。BUDi2006 は「光とBIT」というスローガンを掲げて、24日から26日まで釜山慶星大学校コンサートホールなどで開催される。

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved