HOME > トラベル > トラベルニュース
〔フォト〕観光公社任職員“スミズミ”国内観光キャンペーン


韓国観光公社任職員は、27日午前、光化門一帯で観光産業の重要性をアピールし、国内観光の活性化のための“スミズミ”国内観光キャンペーンを展開した。

公社は週5日勤務制、及び小中高生の月2回土曜休校の定着など、国民の余暇時間拡大から観光需要が増加するものと見越している。このため5月を国内観光活性化の月に定めて、オン/オフラインを通じて様々なアピール活動を推進する予定である。〔資料提供:韓国観光公社〕

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved